MENU
タイヤホイールの持込取付なら
アップガレージにお任せください!

SUVタイヤのおすすめとは?特徴や性能・主力メーカーをご紹介

今や悪路や山道を走行する目的だけでなく、街乗り用としても人気の高いSUV。車重が重く、背が高いSUVの車体を支えるためにはタイヤの選択がとても重要です。そこで登場したのが「SUV専用タイヤ」です。SUVの特徴を活かしつつ、重たい車体をしっかり支えてくれます。しかし、SUV専用タイヤと一言で言っても、各メーカーで種類や特徴が異なるので、どれを選べば良いか迷う方も多いでしょう。

そこで今回は、SUVタイヤの特徴や性能、交換のタイヤイングや主力メーカーについて解説します。各メーカー毎におすすめのタイヤを紹介しますので、タイヤ選びの参考にしてください。

SUVのタイヤとは?

SUVタイヤとは、SUV車専用に設計されたタイヤのことで、オフロード走行性能を重視したタイプと、オンロード・オフロードの走行性能を有するタイプ、オンロード走行性能を重視したタイプなどに分けられます。SUVの大きなボディやスポーティさ、高い重心で悪路走破性が求められるなど、SUVはセダンやミニバンと求められるタイヤの性能が異なります。各メーカーで、求められる性能を十分に発揮できるよう独自技術などを取り入れて製造しています。昨今、SUVブームとなっており、各タイヤメーカーでSUV専用タイヤの開発には力を入れています。

特徴

SUVタイヤの特徴は、オンロードとオフロードの走破性やタイヤの剛性や耐久性が高いこと、悪路でも安定して走行ができることなどが挙げられます。
SUVとは、スポーツ・ユーティリティ・ビークルの略称で、スポーツやレジャーに適した装備を有した利便性の高い車両のことを表します。日常使いやレジャー、未舗装路など幅広く使用できる車です。
そのためSUV専用タイヤは、使用目的に応じた種類のタイヤが準備されており、それぞれ特徴が異なります。

例えば、日常使いのタイヤは、セダンやミニバンなどのタイヤと同じ形をしており、サイズや剛性などの違いはありますが見た目はあまり変わりません。
未舗装路や山道などの走行が目的のタイヤは、タイヤ溝(トレッドパターン)の形状が異なり、通常よりゴツゴツしたような形状をしています。これは、砂利や泥などを避けながら走行できるようにするためです。日常使いのタイヤとは、見た目から違います。

SUVにも、サイズが合えば一般乗用車用タイヤを装着することが可能ですが、タイヤの剛性や乗り心地、燃費性能などに違いが生じてきますので、専用タイヤの方が望ましいと言えるでしょう。
このように、一言でSUV専用タイヤとは言っても、目的に応じたタイヤを選択することが重要になります。

性能

SUVタイヤは、SUVのボディや性能、乗り心地や静粛性、安定性や燃費性能などSUVのポテンシャルを十分に発揮できるように設計されたタイヤです。一般乗用車用タイヤを装着することも可能ですが、求められる性能が違うため、SUV本来の性能を発揮することができないことや、ふらつきや剛性不足、ロードノイズが大きいなどのような問題が出てくる可能性があります。SUV専用タイヤを装着し、SUVの性能の低下を防ぎましょう。

SUVタイヤにはオンロード用やオフロード用など種類があります。
オンロード用は、街乗りを目的として製造されており、静粛性や燃費性能、ウェットグリップ性能や静粛性などの性能が高く設定されています。街乗りメインの方は、オンロード用又はオールラウンド用のタイヤを選択しましょう。タイヤのサイドウォールに「A/T」や「S/T」、「H/T」と表示されているものを選びましょう。

オフロード用は、悪路走破性能やグリップ性能などが高くなっており、ゴツゴツとした岩場や泥地でも突破できるよう設計されています。そのため、タイヤパターンがブロック状になっており、凸凹しています。そのブロック状のトレッドの影響でロードノイズがかなり大きいという特徴があり、街乗りメインで考えている方には向いていません。
オフロード用のタイヤのサイドウォールには、「M/T」と表示されています。

こちらにSUV専用タイヤ3種類の特徴や性能が詳しく記載されています。ぜひ、参考にしてみてください。

オールテレーンタイヤのメリットは?特徴とおすすめタイヤ6選!

マッドテレーンタイヤとは?特徴や性能・おすすめメーカーについて

ハイウェイテレーンタイヤとは?特徴や性能・おすすめメーカーについて

SUVのタイヤと普通車のタイヤはどう違う?

SUVのタイヤは、重心が高く重い車体を支えて効率良く走行できるよう設計されています。そのため、悪路を走行できる安定感や高いグリップ力、高い耐久性を備えている点が普通車のタイヤとの違いです。
車高が高いためふらつきが起こりやすかったり、車重が重いためタイヤが偏摩耗しやすいといったSUVのデメリットをカバーできるのがSUVタイヤです。

普通車のタイヤもサイズが合えばSUVに装着できますが、デメリットをカバーできずSUV本来の性能を発揮できません。SUVには専用のタイヤを装着するのがおすすめです。走行する路面状況や乗り方に合う性能を備えたタイヤを選ぶことで、より安定した走行が可能となります。自分のカーライフに合わせたタイヤを選びましょう。

SUVのタイヤ交換のタイミングは?

SUVのタイヤ交換のタイミングは以下のようなときです。

  • 残り溝が少なくなったとき
  • 偏摩耗したとき
  • タイヤに大きなヒビ割れが発生したとき
  • 製造から5年が経過したとき

タイヤの溝の深さが、1.6mm以上なければ公道を走行することができません。これは、法律で決められた数値であり、車検の基準でもあります。残量1.6mmはスリップサインで判断できます。1.6mmに近づいたタイヤは早急に交換が必要です。一般的には、タイヤの溝が、4mmを下回ると、タイヤの性能が低下すると言われています。タイヤの溝からスリップサインが見えてきたら、交換を検討すると良いでしょう。

SUVは車体が大きく車重が重いので、タイヤの中央より先に端が摩耗してしまう「偏摩耗」が起こる可能性が高いです。タイヤが偏摩耗すると、ハンドルが取られやすくなったり、パンクやバーストといったトラブルに繋がる可能性があります。偏摩耗したタイヤは、早めに交換しましょう。

タイヤに大きなヒビ割れが発生したときも、交換タイミングです。タイヤのひび割れは、走行中や段差を乗り越えた衝撃などでパンクやバーストといった故障に繋がります。大きなヒビ割れが発生したタイヤは、早めに交換しましょう。

タイヤは主にゴムでできています。そのため、年数が経過するにつれてゴムが劣化し、弾力性が失われ硬くなります。弾力性がなくなり硬くなったタイヤは、衝撃吸収能力やグリップ力が低下します。乗り心地が悪くなったり、スリップしやすくなったり、ブレーキを踏んでも止まりにくくなるなどの影響がでてきます。また、ヒビ割れやパンクの原因になることもあります。製造から5年経過したタイヤは、交換を検討すると良いでしょう。

こちらでも詳しく解説しているので、参考にしてください。
タイヤの交換時期はいつ?見るべきポイント3選!

SUVのタイヤのおすすめメーカー

ここでは、SUVのタイヤのおすすめメーカーと主力タイヤについて紹介していきます。
タイヤ選びの参考にしてください。

ブリヂストン

ブリヂストンでのおすすめのSUVタイヤは、「DUELER A/T 001」です。DUELERには数種類あり、その中でもこのタイヤはオールラウンダーなタイヤです。オンロードはもちろんですが、オフロード走行に求められる性能を有しています。ブロック剛性を最適化することにより、耐摩耗性能の向上に加え、グリップ性能の向上や少しの積雪路面などでの駆動力・直進安定性などの性能を持っています。また、コーナリング性能も向上し、SUVで起こりやすいふらつきを低減し安定した走行ができるようワインディング&ストレートグループを採用しています。SUVを多目的で使用したい方におすすめなタイヤです。

スタッドレスタイヤのおすすめは、「BLIZZAK DM-V3」です。SUV専用のスタッドレスタイヤで、冬の路面でも力強さと安心感を提供してくれます。アクティブ発泡ゴム2を採用することでグリップ力や安定性が大幅に向上し、凍結路面でもしっかり止まる、しっかり曲がることができます。また、一般乗用車とは異なるSUV専用パタンを開発することで、ブロック剛性が向上、溝の配置を適正化することでグリップ力が向上しています。

ヨコハマタイヤ

ヨコハマタイヤでのおすすめのSUVタイヤは、「GEOLANDAR X-CV」です。快適性と安全性を両立したパフォーマンスコンフォートタイヤです。高速走行時の安定感とウェット性能を高めるタイヤに採用された非対称のトレッドパターンは、ブロック剛性を高める効果やグリップ力の向上、静粛性の向上にも繋がっています。また、ハイシリカ・コンパウンドの採用により、ウェット性能・耐摩耗性能を両立しています。高剛性・高耐久の性能構造を採用し、高速走行時のタイヤの変形やロードノイズの低減を実現しており、安定感のある走りができるようになっています。

スタッドレスタイヤのおすすめは、「ice GUARD SUV G075」です。進化した「スーパー吸水ゴム」と新設計のトレッドパターンの採用で、氷上制動が従来モデルから23%向上しています。つまり、従来モデルよりブレーキを踏んだ時の止まる距離が大幅に短くなっているということを表しています。新設計のトレッドパターンは、トレッド剛性を最適化し氷上制動を高める
だけでなく、操縦安定性や氷上性能、静粛性も向上させています。また、スーパー吸水ゴムの採用で、グリップ力が増していますが、転がり抵抗を5%低減しているので、燃費の向上に繋がっています。

トーヨータイヤ

トーヨータイヤでのおすすめのSUVタイヤは、「PROXES CL1 SUV」です。上質な静粛性・室内空間を楽しめるSUV専用低燃費タイヤとなっています。リブ基調非対称パターン、非対称ブロックピッチ配列の採用により、パターンノイズの低減を実現し静粛性の向上を図っています。また、ダイナミックテーパー、バレルルーフリブの採用により、タイヤと路面の接地状態を見直すことで、ロスのない接地状態を保持し耐摩耗性と操縦安定性に向上に繋がっています。

スタッドレスタイヤのおすすめは、「OBSERVE GSi-6」です。氷雪路からウェット・ドライロmwンまで、安定感のある操縦性をもたらすSUV専用のスタッドレスタイヤです。トレッドパターンのデザインを新設計することで、グリップ力と操縦安定性が向上しています。グリップシリカコンパウンドの改良により、ウェットグリップ性能の向上や氷雪性能も向上。従来モデルより、氷上制動性能やウェット制動性能が向上し、しっかり止まるスタッドレスタイヤとなっています。

ダンロップ

ダンロップでのおすすめのSUVタイヤは、「GRANDTREK PT5」です。オンロードでの快適性能と走行性能を追求したSUV用タイヤで、街乗りや普段使いのニーズに合わせて、高荷重・高重心なSUVに求められる操縦安定性や耐久性を向上させています。コンパウンドは従来モデルと同様ですが、プロファイル(断面形状)を変更することで、接地面積を拡大させ安定した走りと高いウェットグリップ性能を実現しています。同時にトレッドパターンも改良したことで静粛性も向上、サイドウォール全体で振動を吸収できることから快適な乗り心地も実現させています。

スタッドレスタイヤのおすすめは、「WINTER MAXX SJ8+」です。SUV専用のスタッドレスタイヤです。乗用車用と同じ技術の「ナノ凹凸ゴム」の採用により、従来モデルから氷上ブレーキ性能が14%、氷上コーナリング性能が11%向上しています。雪や氷の上を走行する時に、表面の水が原因で滑りやすくなっています。このタイヤは、除水性能を高めて除水時間を短縮することで、路面との密着面積を最大化し素早く路面と密着できるよう設計されています。そのため、氷上や雪上でも安定感のある走行が可能です。

ファルケン

ファルケンのおすすめのSUVタイヤは、「AZENIS FK510 SUV」です。快適性とスポーツ性を兼ね備えたプレミアムSUVタイヤです。SUVに対応した高いウェットグリップ性能やタイヤ剛性、最適化された快適性能やハイレベルな操縦安定性能がスムーズな走りを実現させてくれます。車重の重いSUVに対応すべく左右非対称パターンを採用しており、設置圧分布を最適化することで高速走行時の操縦安定性を高次元で実現しています。また、スーパーコンピュータを駆使した新材料開発技術の「4Dナノデザイン」により、素材の配合を最適化することができ、ウェットグリップ性能を最大限に高めています。

ミシュラン

ミシュランのおすすめのSUVタイヤは、「PILOT SPORT 4 SUV」です。一般乗用車にも
ラインナップされている「PILOT SPORT 4」のSUV版で、優れたドライ性能やウェット性能、高いハンドリング性能を発揮することができます。ミシュランの最新技術を投入したSUV専用設計となっており、高速走行時の操縦安定性とウェットグリップ性能、快適性とタイヤ剛性を高次元でバランスさせており、優れた居住性と安全性を可能にしています。快適性とスポーツ性の両立を目指している方におすすめです。

スタッドレスタイヤのおすすめは、「X-ICE SNOW SUV」です。SUV専用設計のスタッドレスタイヤで、「氷も雪も全ての冬道に長く続く安心感を届けるスタッドレスタイヤ」をコンセプトに製造されています。新コンパウンドのエバー・ウィンター・グリップの採用やトレッドパターンのサイプの改良によりグリップ力が向上し、アイスブレーキ性能が従来モデルから約9%、雪上ブレーキ性能は約4%向上しています。また、新コンパウンドにより、スタッドレスタイヤの性能の持続性が伸びており、タイヤの寿命も長くなっています。

ピレリ

ピレリでおすすめのSUVタイヤは、「P ZERO SUV」です。「P ZERO」シリーズのSUV版で、非常に高いパフォーマンスを発揮できるタイヤです。高いドライグリップ性能に加え高剛性を備えており、SUVをスポーツカーのように走行させてくれます。骨格素材が強靭なため、高速走行時でもタイヤが遠心力に負けて変形するのを抑えてくれるため、安定したグリップ性能を維持できます。また、高速安定性が高く、コーナリングやレーンチェンジでもふらつきにくく、安心感のある走行が可能です。

スタッドレスタイヤのおすすめは、「ICE ZERO ASIMMETRICO」です。氷上での優れたパフォーマンスとあらゆる冬の条件下での高い快適性を提供してくれます。最新の技術開発や新コンパウンドの採用により、タイヤの寿命まで性能が維持できアイス及びウェット性能が向上しています。他にも、接地圧の向上とトレッド剛性の増加によるブレーキング性能の向上、 接地面積の増加によるグリップ力の向上など、あらゆる性能が向上しており、安心感のある走行が可能となっています。

SUVのタイヤ取付・交換なら「UPPIT」がおすすめ

 

ECサイトやヤフオクなどで安く購入できたタイヤ。取り付け方がわからない!時間がない!工具がない!そんなときは、アップガレージが運営する持込取付交換サービス「UPPIT」にお任せください!

①ネット/他店購入対応

ネットで購入したタイヤはもちろん、他店で購入したタイヤや譲り受けたタイヤも喜んで対応させていただきます!その他、夏の間保管しておいたスタッドレスタイヤ、ドライブレコーダーやETC等の取付なども対応しておりますので、お気軽にご利用ください。

②安心の予約制

Webサイトから日時を選び、お客様情報やパーツ情報を入力するだけで終了!当日は待ち時間なくすぐに作業にとりかかります。仕事で忙しい方でも効率的に取付・交換ができます。

③直送OK!

ネット購入の場合でも重たいパーツを運ぶ必要はありません。送り先の住所にご希望のアップガレージ店舗を入力し、次にUPPITwebサイトから送り元の住所を入力し予約。当日はお車でご来店いただくだけです。
ぜひ一度お試しください。

まとめ

今回は、SUVタイヤの特徴や性能、交換のタイミングや主力メーカーとおすすめタイヤなどについて解説しました。現在、SUVは人気があり、所有している方も多いでしょう。SUVは、車重が重く、車高が高いため、タイヤに大きな負荷がかかります。そのため、一般の乗用車のタイヤも装着可能ですが、SUV専用タイヤの方がSUVの弱点をカバーしてくれるのでおすすめです。また、SUV専用タイヤでも、オンロード用・オフロード用、オールラウンドなど種類があり、有している性能も異なります。そのため、自分の使用用途に合ったタイヤを選ぶ必要がある点には注意しましょう。
今回紹介したメーカーやタイヤは、性能が高くSUVに最適なタイヤなので、ぜひタイヤ選びの参考にしてみてください。

最新記事

インチダウンのメリット・デメリットとは?注意するべきポイントについて解説

アジアンタイヤのスタッドレスはどうなの?性能や主力メーカー、交換タイミングについて

中古タイヤの取り付け、どこでやる?購入から取り付け予約まで一気にできるサービスを紹介

スズキスポーツとはどんなブランド?特徴や性能からおすすめパーツのラインナップまで

モデューロとはどんなブランド?歴史や特徴からおすすめラインナップまで

オーテックジャパンとはどんなブランド?歴史や特徴からおすすめラインナップまで

ヴァリノタイヤとは?特徴や性能・おすすめタイヤラインナップについて

楽天でタイヤ交換はできる?その方法やメリット・デメリットを解説

セミバケットシートとは?特徴や規格・おすすめメーカーについて

ハイシーズン タイヤ交換工賃のお知らせ

#おすすめ検索キーワード一覧

\24時間365日受付中/
ネット予約