MENU
タイヤホイールの持込取付なら
アップガレージにお任せください!

社外マフラーへの交換で燃費は向上?それとも悪化?仕組み、理由をわかりやすく解説

音や見た目を変えられ、簡単なのに大胆なイメージチェンジをできるカスタムの王道パーツマフラー。純正のマフラーから社外のマフラーに交換してみたいという方も多いのではないでしょうか。しかしメリット・デメリットについてはしっかり把握しておきたいところ。その中でも今回は、マフラー交換がもたらす燃費への影響について、マフラー交換すると燃費が悪くなるのか?それとも良くなるのか?燃費が悪いマフラーってあるの?解説します!

マフラーの仕組み

マフラーの燃費を左右するのはひとつのパーツだけではありません。まずはマフラーの仕組みについて簡単に解説します。一般的にマフラー交換という場合センターバイプからテールエンドまでを指します。細かなパーツの特徴や役割を解説します。

センターパイプ

触媒後からサブサイレンサーまでのパイプを指しますがサブサイレンサーと一体化しているものも多いです。アフター品のマフラーではセンターパイプ以降を交換するタイプが一般的です。

サイレンサー

サイレンサーは排気音を低減させるためのものです。メインサイレンサーとサブサイレンサーがあり、さらにメインサイレンサーは構造によって分類されます。

メインサイレンサー

消音装置です。排気ガスの通り道に様々な抵抗を設けて音量を下げます。サイレンサーの形状や大きさ・素材・構造によって音量や音質が変わります。消音方法には隔壁構造とストレート構造の2つがあり、排気抵抗を極力減らしながら消音効果も得られるようになっています。
①隔壁構造
サイレンサーの内部に隔壁を設け、意図的に迷路のような通り道を作った構造です。通過する排気ガスが隔壁に当たることで音量が絞られます。消音効果は高いですが排気抵抗も大きいです。純正マフラーに多いです。
②ストレート構造
小さな穴がたくさん開いたパンチングパイプの周りにグラスウール(ガラス繊維を綿状にしたもの。吸音材)を詰め
そこを通る排気ガスが膨張することで音量を下げます。サイレンサー内部にはパイプだけなので排気抵抗が低いです。パワーとレスポンスがよくなるため後付けマフラーに多いです。

サブサイレンサー

メインサイレンサーの手前に設けられる消音装置です。センターパイプよりも太い膨張管となっていて、排気ガスが通る際に拡散して圧力を下げ、排気音を小さくします。

テールエンド(マフラーエンド)

そとから見える部分、マフラーの先端を指します。シルバーやブルーといった色や太さは様々な種類があります。機能面や環境面を考え下向きになっているものもあります。またまっすぐ伸びているタイプは自慢のマフラーを見せたい方におすすめです。

 

マフラーの仕組みについてはこちらの記事をチェック!
今さら聞けない!カスタムパーツのマフラーとは?音の違いや種類、注意点など基礎からわかりやすく解説

どんなマフラーが燃費を良くするのか?

結論から申し上げるとマフラーを交換すると燃費が良くなるかどうかは、交換したマフラーによります。排気効率の良いマフラーは、燃費は上がる傾向にあります。※マフラーのみ交換の場合

排気効率とは

一定時間に放出できるガス量のことを言います。より多くのガスを放出できるとエンジンの吸引空気量も増えパワーアップします。
ここで紹介したいのはトルクと馬力です。トルクとは回転パワーのことで、加速に重要な瞬発的な力が低回転域のトルクです。排気効率が上がると排気系の圧力が下がり低回転時の排気の流れが悪くなります。低回転域のトルクは小さくなり、加速が鈍くなります。つまり街乗り向きではなくなります。馬力とはトルクに回転数を掛けたものです。要するに最大出力のことで大きいほどスピードがでます。排気効率が上がると最大馬力が高くなります。

太さ

マフラーの長さが同じだと仮定すると、太いマフラーは排気口を大きくすることで抜けを良くできます。すると低回転時のトルクは上がらず、街乗り向きではなくなります。しかし高回転時の馬力が上がります。つまり高速域のパワーアップやスムーズなスピードUPが期待できます。
反対に細いマフラーは排気により中での圧力が高くなります。すると抜けが悪くなるとともに低回転時のトルクが上がり、加速が良くなります。坂道等低速での加速も良くなります。

純正のマフラーは曲がりくねった形状のものが多いです。これはマフラーの壁に排気をあてることで消音をうながしているためです。社外のマフラーはストレート構造のものが多いです。中のグラスウールで消音します。このような構造にすることで排気効率を良くできます。
これらのバランスがとれると燃費が向上します。
しかし、このバランスはとても難しいので、燃費を向上させたい際は整備士に頼ることをおすすめします。

重さ

マフラーの材質には純正に最も使われるステンレスやチタンの他、アルスター(スチール)などが挙げられます。マフラーは素材によって重さが変わります。軽くなると燃費は上がります。
メインサイレンサーにステンレス、それ以外にアルスターを使ったセミステンレスは比較的重いです。
メインパイプからテールエンドまで、全てステンレスで作られたオールステンレスは、純正よりも軽く作れます。ステンレス独特の輝きも楽しめます。
チタンは素材そのものが高価で加工や溶接作業にも手間がかかります。しかし最も軽い素材です。

燃費を良くするためにできること

燃費が良くなると燃料代が節約でき、その分パーツ代やメンテナンス代に回せます。もしマフラーの交換で燃費が悪化してしまったら、以下の4つを試してみましょう。

タイヤの空気圧を高く保つ

タイヤの空気圧が不足すると燃費の悪化につながります。その理由としては、空気圧が低くなると地面と接する面積が大きくなるためです。空気圧は常に減っていくものなので月に1度の点検をおすすめします。カー用品店やガソリンスタンドでもチェックできます。

エンジンオイルの交換

新しいエンジンオイルは、エンジン内部のパーツが動くときの抵抗を少なくすることができます。目安としては走行距離3000㎞~5000㎞です。

スパークプラグの交換


スパークプラグは、燃料と空気を混ぜた混合気に火を付ける役割を担っています。劣化すると付着物が付き点火タイミングのズレや異常燃焼が起こり燃費が悪化。一般のスパークプラグは普通車で20000㎞を目安に交換しましょう。

エアクリーナーの交換


エアクリーナーとはエンジンに吸引する空気をろ過するパーツです。走り続けるとフィルターが汚れて燃費が悪くなるため、定期的に交換しましょう。

燃費の変動だけじゃない!マフラー交換の魅力

ここまでマフラー燃費について解説してきました。ではなぜマフラー交換をする方が多いのでしょうか。次はマフラー交換によるメリットを紹介します。

見た目の変化

材質による色や輝きの違い、テールエンドの太さと本数による違いなどです。マフラーは車のリアの印象を大きく変えます。

音の変化

構造の違いで音が変わります。たとえば太いマフラーは低温になり細いマフラーは高音に。メーカーがYouTubeに視聴用の動画を公開していたり、アップガレージではマフラーが試着できる店舗もあるのでぜひ一度実際の音を聞いてみることをおすすめします。

マフラーの取付ならUPPIT

マフラーをネットで安く買ったはいいものの、取付は自分でできない…。そんな時は取り付け専門のUPPITに頼みましょう。
UPPITを運営するアップガレージなら、豊富な経験から燃費についての相談に乗ってくれます!不安なときは、なんでも聞いてみましょう!
UPPITの特徴の特徴を3つご紹介します。
①ネット/他店購入対応
ネットで購入したパーツはもちろん、他店で購入したパーツや譲り受けたパーツも喜んで対応させていただきます!夏の間保管しておいたスタッドレスタイヤ、ネットで安く買ったドライブレコーダーやETC等の取付などもお待ちしております。
②安心の予約制
webサイトから日時を選び、お客様情報やパーツ情報を入力するだけで終了!当日は待ち時間なくすぐに作業にとりかかります。
③直送OK!
ネット購入の場合でも重たいパーツを運ぶ必要はありません。送り先の住所にご希望のアップガレージ店舗を入力し、次にUPPITwebサイトから送り元の住所を入力し予約。当日はお車でご来店いただくだけです。
ぜひ一度お試しください。

まとめ

今回はマフラーが及ぼす燃費への影響について解説しました。マフラーの形状によって燃費の変動はありますが、そこまで大きな燃費の向上、低下はあまり見られないのが本音です。それどころか音がよくなってアクセルを踏みたくなり燃費が下がりがちです。
燃費について心配な方はマフラー交換の際に、専門家に直接相談することをおすすめします。

最新記事

カーナビメーカーのおすすめ6選!選び方のポイントを解説

ダウンサスメーカーのおすすめ10選!選び方のポイントを解説

タイヤがパンク⁉緊急時の対処法とその後すべき対応を解説

オールテレーンタイヤのメリットは?特徴とおすすめタイヤ6選!

マフラーメーカーのおすすめ10選!選ぶ際のポイントを解説

ドリフト走行に適したタイヤはどう選ぶ?普通のタイヤとの違い、値段やおすすめのタイヤを紹介

スタッドレスタイヤのレンタルやサブスクは買うよりお得?メリットデメリットを比較

硬くなったスタッドレスタイヤは復活できる?噂の方法は危険なのか解説します。

スタッドレスタイヤの寿命はどう見る?買い替える時期と長持ちの方法を解説

タイヤの保管に決まりはあるの?長持ちさせる方法と注意点を詳しく解説!

#おすすめ検索キーワード一覧

\24時間365日受付中/
ネット予約