MENU
タイヤホイールの持込取付なら
アップガレージにお任せください!

アジアンタイヤのスタッドレスはどうなの?性能や主力メーカー、交換タイミングについて

一昔前のアジアンタイヤのスタッドレスは国産タイヤと比較して、価格が安いだけで性能がひくく、寿命が短いといった評価が多いものでした。しかし、今現在のアジアンタイヤは、性能や寿命が向上しており、国産タイヤの性能とあまり変わらず価格が安いといったタイヤになってきています。また、各メーカーでスタッドレスタイヤを製造販売しており、性能や価格が異なるので自分に合うタイヤがどれか迷う人も多いでしょう。

そこで今回は、アジアンタイヤの性能や主力メーカー、交換タイミングなどについて解説します。アジアンタイヤの性能は年々向上しており、降雪の心配が少ない都心部で選ばれています。自分に合うスタッドレスタイヤを見つけ、今年はお得にタイヤ交換を行いましょう。

 

アジアンタイヤのスタッドレスとは?

アジアンタイヤとは、主に中国、韓国、台湾、インドネシアなどのメーカーが製造し、日本に輸入されているタイヤの総称です。ノーマルタイヤだけでなく、スタッドレスタイヤも製造しています。都心部などの積雪の心配が少ない場所での使用には、十分な性能を秘めています。一昔前までのアジアンタイヤへの評価はとても低く、市場シェアは狭いものでしたが、年々技術が向上し、今の市場規模は世界中にまで拡大しています。ノーマルタイヤに至っては、メルセデス・ベンツやBMW、フォルクスワーゲン、日産、ダイハツなど数多くのメーカーの新車標準タイヤとして装着されるほどです。

特徴

アジアンタイヤのスタッドレスタイヤは、国産のスタッドレスタイヤの性能に引けを取らない性能を持ちながら、国産タイヤより価格が安いということが大きな特徴です。アジアンタイヤメーカーは年々技術力が向上しており、スタッドレスタイヤで重要なコンパウンドや溝の形状を研究し、性能や寿命を向上させています。実際にアジアンタイヤと国産タイヤを履き比べてても、性能の差をあまり感じられないという声も多く聞かれます。
また、アジアンタイヤといえば価格の安さが魅力です。国産タイヤと比較すると、1/4~1/2ぐらいの価格で購入することができます。
そのため、年々アジアンタイヤのニーズが拡大しており、人気のタイヤとなっています。

性能

一昔前のアジアンタイヤのスタッドレスタイヤの性能は、寿命が短いことや滑りやすい、ただ安いだけなどの評価を受けていました。しかし近年のアジアンタイヤのスタッドレスタイヤは、国産タイヤとあまり変わらない性能を持っているタイヤが多く販売されています。年々性能が向上しており、雪道や凍結路面でも滑りにくく、寿命も長くなっており、多くのユーザーから高評価を得ています。
例えば、アジアンタイヤメーカーのNANKANG(ナンカン)は、日本の雪室を調査し、北海道を拠点に開発テストを繰り返し行い、日本の雪道に最適なスタッドレスタイヤを開発しています。
このように、雪が多く降る地域で使用する場合やあまり雪が降らない都心部での使用まで対応しており、多くのユーザーにとって満足のいく性能となっています。

アジアンタイヤのスタッドレスと国産スタッドレスはどう違う?

アジアンタイヤと国産タイヤのスタッドレスタイヤの違いは、性能・価格・市場シェアなどがあります。
性能に関しては、以前より性能差は小さくなりましたが、依然として国産タイヤの方が性能は高いです。国産スタッドレスタイヤの代表としてブリヂストンのブリザックがあります。ブリザックは、世界中で使用されており、世界中の雪国での装着率No.1という実績があります。ブリザックの「走る・止まる・曲がる」という雪道や凍結路面での性能はアジアンタイヤより高いです。
しかし、アジアンタイヤも性能は向上してきているので、国産タイヤとの差は縮まってきています。

価格は、アジアンタイヤの方が低価格です。例えば、国産スタッドレスタイヤが1本20,000円だとしたら、アジアンスタッドレスは1本11,000円といったような価格差があります。開発コストや人件費など様々な要因がありますが、性能差が縮まってきている中でのこの価格差は大きいといえるでしょう。この低価格を魅力に感じている人は多いようです。

市場シェアは、国産タイヤの方が一枚上手です。アジアンタイヤも勢力を増しており世界中で使用されていますが、国産タイヤの方が使用されている国が多く、高評価を得ています。ブリヂストンやヨコハマ、ダンロップなど名だたる有名メーカーが国産にはあり、市場シェアは国産タイヤに軍配が上がります。

アジアンタイヤのスタッドレス交換のタイミングは?

アジアンタイヤのスタッドレスタイヤの交換タイミングは、残り溝が少なくなった時、タイヤに大きなひび割れが起きたとき、製造から5年経過したタイヤなどがあります。

ノーマルタイヤは残り溝1,6mmになるとでてくるスリップサインが交換のタイミングですが、スタッドレスタイヤの場合は、新品時から50%摩耗すると表に出てくるプラットフォームという印が交換の目安になります。プラットフォームが出ると、スタッドレスタイヤとして重要な性能のブレーキ性能やグリップ性能などが低下するため、プラットフォームが出たスタッドレスタイヤは交換を検討しましょう。ただし、スタッドレスタイヤも残り溝1,6mmのスリップサインが出るまで公道の走行は可能です。

タイヤに大きなひび割れが起こったときは、早めの交換が必要です。ひび割れが起こった箇所は弱くなり、段差を乗り越えた衝撃や走行中にパンクやバーストといったトラブルに繋がる可能性があります。ひび割れが発生したときは日常的に点検し、大きなひび割れが発生したら、早急にタイヤ交換をしましょう。

タイヤはゴムでできており、年数と共に硬化していきます。スタッドレスタイヤはノーマルタイヤと比べ、雪道で滑らないようにグリップ力を向上させるため柔らかいゴムを使用しています。そのため、ゴムが硬くなってしまうと性能の維持が難しくなってしまうので、国産メーカーの場合でも製造から5年で寿命を迎えるといわれています。タイヤの製造年月は、タイヤ側面に数字4桁で表記されています。4桁の最初の2桁が週数、後ろの2桁が西暦年を表しています。例えば、「3023」であれば、2023年の30週目に製造されたという意味です。この表記から製造年を判断しましょう。
製造から5年経過したスタッドレスタイヤは、まだ溝が残っていたとしても交換を検討しましょう。

こちらでもスタッドレスタイヤの寿命や交換時期について詳しく解説しています
スタッドレスタイヤの寿命はどう見る?買い替える時期と長持ちの方法を解説

アジアンタイヤのスタッドレスのおすすめメーカー

これまでの解説で、アジアンタイヤに興味が出た人もいるでしょう。
では、アジアンタイヤのスタッドレスタイヤはどのような種類があるのでしょうか。
ここでは、アジアンタイヤメーカーや主力スタッドレスタイヤについて解説します。

NANKANG

ナンカンは、親日国としても有名な台湾の老舗タイヤメーカーです。低価格で高品質なアジアンタイヤを製造販売しています。スタッドレスタイヤを長年製造しており、日本の北海道で実際に走行テストを繰り返し行い、日本の雪に対応できるように開発をしています。日本で使用するには、十分な性能があり安心感も感じられるでしょう。

ナンカンでは、「AW-1」がおすすめのスタッドレスタイヤです。コストパフォーマンスの高さと確かな性能を兼ね備えたモデルです。氷上性能や静粛性がESSN-1モデルより優れて折り、ライフ性能も向上しています。雪道や凍結路でもハンドリングやブレーキ性能に安定感があり、長く性能を維持することができるタイヤとなっています。

HANKOOK

ハンコックは、韓国の有名なタイヤメーカーで、先進技術を導入することで、高い走行性能や安全性を実現しています。ハンコックのスタッドレスタイヤは、凍結路面の走行に強く、快適性にも優れていると評価されています。

ハンコックでは、「Winter I’cept IZ2 A W626」がおすすめです。氷上・ウェット路面でのハンドリング性能を向上させており、安定した走行ができるモデルです。トラクション性能やアイスブレーキ性能も向上させており、冬場の路面でも安心して走行できることが強みのタイヤです。

クムホ

クムホタイヤは、韓国の老舗タイヤメーカーで、日本では40年以上の販売実績があり、世界的にもタイヤ製造・販売メーカーとして有名です。また、世界中の自動車メーカーの新車装着タイヤとして認められており、その品質と性能の高さは世界中で認められています。

クムホでは、「Winter Craft Ice Wi61」がおすすめです。新しい非対称パターンとスポイト型サイプの採用により、グリップ力を強化し氷上性能を向上させています。また、耐摩耗性が向上しており、長い間、走行安定性を維持することができコストパフォーマンスにも優れています。

HIFLY

HIFLYは、アメリカに拠点を置くユニコーンタイヤ社によって供給されていますが、中国工場で生産され世界各国で販売されているアジアンタイヤです。取扱商品は、アメリカ合衆国運輸省の認定規格であるDOTをはじめ、欧州など各国の基準・規定に合格しています

HIFLYでは、「Win-Turi 212」がおすすめです。独自開発した非対称トレッドパターンにより、雪上や氷上はもちろん、ドライ路面でも安定して走行することができます。タイヤ内側のブロック形状が雪上でのトラクション性能を向上させ、新開発のコンパウンドにより接地安定性が向上しています。価格が安く、コストパフォーマンスに優れています。

アジアンタイヤのスタッドレスならアップガレージがおすすめ

アジアンタイヤのスタッドレスタイヤの購入なら、タイヤを多数取り扱いをしているアップガレージがおすすめです。新品のアジアンタイヤのスタッドレスタイヤより、安価に未使用タイヤや中古タイヤを購入することができます。車のパーツの買取や取り付けを長く行っているからこその安心感や価格があり、プロのスタッフが多数在籍しています。

また、タイヤを購入したけれど、どこで交換してもらおうか悩んでいる人。そのような人は、持ち込み交換・取り付けサービスを行っている「UPPIT」をご利用ください。アップガレージが運営しており、パーツの取り付けやタイヤ交換などを行う専任のスタッフが対応してくれるので、安心してタイヤ交換をお任せできますよ。ぜひ一度、相談してみてください。

まとめ

今回は、アジアンタイヤのスタッドレスの特徴や性能、国産スタッドレスとの違いや交換タイミング、おすすめのアジアンスタッドレスなどについて解説しました。アジアンタイヤの性能は年々向上してきており、最近では国産スタッドレスと性能差があまりなくなってきています。なおかつ、価格が国産スタッドレスより安いので人気が高いタイヤとなっています。しかし、メーカーによって性能差が大きいことや国産スタッドレスより世界シェアが低く安心感に欠けるといった懸念点もあります。

今回紹介したアジアンタイヤメーカーの商品はどれも評判が良く、ナンカンに至っては北海道で実際に走行テストを繰り返し開発をしているため、日本の雪にしっかり対応しています。
今年は、自分に合うスタッドレスタイヤを見つけお得に交換し、安心して冬の道を走行しましょう。

最新記事

社外マフラーとは?交換するメリット・デメリットから選び方、おすすめメーカーまで

チューニングカーとは?カスタムカーとの違いから仕様、手順、おすすめタイヤまで

ハイシーズン タイヤ交換工賃のお知らせ

輸入車のタイヤ交換完全ガイド!国産車との違いから選ぶポイント、人気のタイヤまで

マフラー改造・交換のメリット・デメリットとは?法律違反にならないためにできること

インチダウンのメリット・デメリットとは?注意するべきポイントについて解説

アジアンタイヤのスタッドレスはどうなの?性能や主力メーカー、交換タイミングについて

中古タイヤの取り付け、どこでやる?購入から取り付け予約まで一気にできるサービスを紹介

スズキスポーツとはどんなブランド?特徴や性能からおすすめパーツのラインナップまで

モデューロとはどんなブランド?歴史や特徴からおすすめラインナップまで

#おすすめ検索キーワード一覧

\24時間365日受付中/
ネット予約