MENU
タイヤホイールの持込取付なら
アップガレージにお任せください!

輸入車のタイヤ交換完全ガイド!国産車との違いから選ぶポイント、人気のタイヤまで

輸入車のタイヤ交換をしようと思った時、輸入車のタイヤ交換は行っていないという業者も少なくないでしょう。車を使用する上でタイヤ交換は、必ず必要になります。輸入車は国産車にないデザインやパワフルなエンジン、ステータス感など多くの人に愛されており、国内でもメルセデスベンツやBMWなど輸入車を見かけない日はないぐらいです。

そこで今回は、輸入車に載っている人必見!輸入車と国産車のタイヤの違いやタイヤを選ぶ時のポイント、タイヤ交換の依頼先や人気のタイヤなどについて解説します。

輸入車と国産車のタイヤ交換の違いとは

輸入車と国産車とでは、車の乗り心地や走行する道路の違いなどにより、タイヤ交換にも
違いがあります。
ここでは、輸入車と国産車のタイヤ交換の違いについて解説します。

輸入車に特有のタイヤとホイールの特徴

各自動車メーカーは、その国の道路状況に応じた。最大限のパフォーマンスができるよう車を開発しています。そのため、輸入車は国産車よりも、乗り心地が固めに設定されています。これは、特に欧州車に当てはまり、高速安定性や安全性を高くするために、サスペンションやタイヤ・ホイール、ステアリングのフィーリングを固めに設定しているのです。欧州では、長距離を高速走行(200km/h以上)することもあるため、輸入車のホイールの方が国産車より剛性が高く、輸入車に合うタイヤも性能が高くなっています。

また、輸入車ではノーマルタイヤではなく、ランフラットタイヤを採用しているメーカーも多くなっています。ランフラットタイヤとは、タイヤ側面がノーマルタイヤより硬く設計
されており、パンクした状態でも一定の速度の範囲内であれば、一定の距離を走行することができるタイヤです。スペアタイヤを積載する必要がなく重量を軽くできることや、タイヤゴムが硬めなので段差などの衝撃を受けやすいが高い駆動力に耐えたり走行安定性が増すといったことから輸入車に多く取り入れられています。
このように輸入車と国産車とでは、タイヤとホイールには違いがあるのです。

国産車との交換方法の違い

国産車と輸入車とでは、タイヤ交換の作業に違う部分があります。
例えば、国産車はホイールと止めているのはナットですが、輸入車の多くはボルトです。駆動力が大きいことや長距離を高速で走行することが多いため、大きな力で締め付けができるボルトを採用しています。他にも、ランフラットタイヤを装着している国産車は、一部の車種に限定されていますが、輸入車では多くのメーカーが採用しています。ランフラットタイヤは、ノーマルタイヤに比べタイヤが硬いので、交換には技術が必要になります。ランフラットタイヤ対応のタイヤチェンジャーを設置していないと、作業が難航するケースもあります。
輸入車のタイヤ交換は国産車のように簡単に終わらない可能性があるので、安心してお任せできるプロに依頼しましょう。

輸入車用タイヤを選ぶ際のポイント

輸入車は国産車よりパフォーマンスに優れた車が多く、タイヤの選択一つで台無しになってしまう可能性があります。ここでは、輸入車用タイヤを選ぶ際のポイントについて解説するので、選び方を覚えておきましょう。

メーカー認定マークをチェック

輸入車が持つ運動性能を最大限発揮させるために開発されたタイヤがあります。輸入車は、日本より長距離を高速移動することが多く、走る・止まる・曲がるの基本性能が国産車より優れており、高いポテンシャルを秘めています。そのポテンシャルを引き出すために、輸入車メーカーとタイヤメーカーが共同開発を行ったタイヤには、「承認マーク」というマークがタイヤ側面に刻まれています。例えば、BMWは「★」、メルセデスベンツは「MO」、アウディは「AO」や「RO1」などがあります。
このマークがあるタイヤを選んでおけば、そのメーカーの車種に最適で車の性能を竿代言ン位発揮することができるでしょう。

純正装着タイヤ以上を選ぶ

各自動車メーカーが車を開発する時、空力や燃費、運動性能などさまざまなデーターを集め、最適な状態になった時に車を販売しています。つまり、純正装着タイヤが一番その車が持つポテンシャルを引き出すことができるのです。
新車に付けられていたタイヤより低いグレードのタイヤを選ぶと、車の持つ性能が十分に発揮できなくなります。
そのため、タイヤを交換するときは純正装着タイヤと同等又は以上のものを選ぶようにすると良いでしょう。

利用シーンを想定する

自分が車を利用するのはどんなパターンが多いのか、をチェックして選ぶというのも良いでしょう。例えば、街乗り中心の人であれば、乗り心地や快適性能を重視したタイヤ選びとなり、長距離や山道が多い人は、運動性能が高いタイヤを選ぶと良いでしょう。
欧州の各タイヤメーカーは、欧州と速度域・路面状況の異なるアジア向けに専用設計されたタイヤを販売しています。

求める嗜好をはっきりさせる

輸入車と国産車とでは、乗り心地や剛性、運動性能や路面追従性などに違いがあります。輸入車の持つ特有の乗り心地を楽しむためにも、タイヤ選びは重要になってきます。
自分がどういった嗜好性を求めているのかを確認し、それに合ったタイヤを選ぶと楽しくドライブができるかもしれませんね。

輸入車のタイヤ交換はどこに依頼する?

輸入車のタイヤを購入した場合、どこに依頼すると良いのでしょうか。業者によっては、輸入車お断りというところもあるので注意しましょう。
ここでは、輸入車のタイヤ交換の依頼先について解説します。

輸入車ディーラー

輸入車ディーラーでタイヤ交換を行う場合は、各車種に応じた承認マークを取得したタイヤを選ぶことができます。承認タイヤは、各メーカーが定めるタイヤの性能を満たしており、車のポテンシャルを引き出してくれるタイヤなので安心して購入できます。ディーラーにあるタイヤが全て承認マークを取得しているわけではありません。また、承認マークを取得したタイヤを装着しないといけないというわけでもありません。

ディーラーは、そのメーカーの車のプロフェッショナルで、その車の最適な状態を熟知しています。また、タイヤ交換や調整をしっかり行ってくれて、技術力が高く丁寧な作業を行ってくれます。ただし、ディーラーは、作業工賃やタイヤ代が他より高くなる傾向にあるので注意しましょう。

カー用品店

カー用品店は、さまざまなメーカーのタイヤを多く在庫しているのが特徴です。自分の予算や求める性能に応じてタイヤを選ぶことができるでしょう。また、大手のカー用品店であれば、自車のプライベートブランドのタイヤを販売しており、良質なタイヤを低価格で販売しています。このようなタイヤを選ぶと、タイヤの価格を抑えることができます。

また、タイヤ購入と同時にタイヤ交換もその場で行ってもらえます。ただし、繁忙期や混み合っている時は待ち時間が長くなる可能性があります。他にも、自分の求めるタイヤの在庫がない可能性があることに注意しましょう。

ガソリンスタンド

ガソリンスタンドでも、タイヤ交換ができます。ガソリンスタンドは店舗数が多く、気軽に行きやすいというのが一番の特徴です。給油ついでにタイヤ交換まで終わらすことができれば、一石二鳥ですね。
しかし、ガソリンスタンドに在庫しているタイヤは、売れ筋のものが多く、輸入車のサイズのタイヤは在庫していないことが多いでしょう。また、作業を行うスタッフの技術力や知識・経験が不足している可能性もあります。安心してお任せできるとはいえないこともあるので注意しましょう。

タイヤ専門店

タイヤ専門店はタイヤの在庫量がとても豊富で、メーカーやモデル、性能や価格など自分好みのタイヤが見つかるでしょう。もちろん承認タイヤの取り扱いも行っています。性能や車への拘りがある人はおすすめです。タイヤ専門店のスタッフは、タイヤに関する知識や経験、作業技術は他を圧倒します。専門で扱っているため、他では知らない情報やメンテナンスについてなどさまざまなことを知ることもできるでしょう。

しかし、繁忙期にはタイヤ交換の待ち時間が長くなることや、自分のタイヤサイズが欠品してしまう可能性があることには注意しましょう。

輸入車のタイヤ交換で人気のタイヤをご紹介

ここでは、輸入車のタイヤ交換で人気のタイヤを紹介します。
ぜひ、タイヤ選びの参考にしてください。

ミシュラン PILOT SPORT5

ミシュランの「PILOT SPORT5」は、意のままのはドリングを実現するハイグリップスポーツタイヤです。駆動力や運動性能が高い輸入車に最適な性能を持っており、「高いグリップ力がもたらすウェット&ドライ性能」「走りを愉しむ優れた操縦安定性」が大きな特徴です。

モータースポーツからのフィードバックにより、進化したトレッドパターンでトレッド内側は排水性を高め、トレッド外側は高い剛性をもたらしドライ・ウェット路面で高いグリップ力を発揮します。また、高強度で耐熱安定性に優れたハイブリッド・アラミド/ナイロンベルトを採用し、高いハンドリング性能や安定したコーナリングを実現しています。低燃費タイヤで低車外音タイヤなので、燃費向上や低走行音に期待でき、快適なドライブに繋がるでしょう。

ブリヂストンPOTENZA S001 RFT

「POTENZA S001 RFT」は、輸入車に多く採用されているランフラットタイヤを装着しているモデルにおすすめです。ランフラットタイヤはノーマルタイヤと比べ、タイヤが硬いので乗り心地が悪いと言われますが、このタイヤは「新サイド補強ゴム」や次世代のテクノロジーを採用することで、ノーマルタイヤと遜色ないレベルの乗り心地を実現。また、トレッド内側はウェット性能、トレッド外側はドライ性能を追求したトレッドパターンの採用で、高次元のドライ・ウェットパフォーマンスを発揮します。ブリヂストンのランフラットテクノロジーにより、パンクした場合でも80km/hで80kmの距離をより安全に走行することができます。

ピレリ CINTURATO P7

「CINTURATO P7」は、ランフラットタイヤでBMWなどの承認マークを有しています。最新の材料、構造、トレッドパターンを最大限に活用することで、環境資源の節約をしつつ、あらゆる路面での快適さと安全性を確保しています。輸入車の中でも運動性能の高いBMWの承認マークを有しているので、ステアリングレスポンスやコーナリング性能、高いグリップ力に高い安全性など性能面は十分備わっているといえるでしょう。また、できるだけ均一な摩耗で長期間使用できるようなデザインやハイブリッド材料により、エコなタイヤともいえますね。

コンチネンタル PremiumContact7

PremiumContact7は、幅広い車種に対応したパフォーマンス・コンフォートタイヤです。ドライ・ウェット路面で、安定したハンドリング性能で高い安全性を確保できます。また、走り出しから高いグリップ力を発揮するので、ウォームアップ段階を経ずに快適なドライビングをすることができます。EVを含め、車両に合わせたタイヤ構造を最適化することで、多種多様な車に快適性・安全性の両立を実現しています。多くの輸入車に最適なパフォーマンス・コンフォートタイヤに仕上がっています。

輸入車のタイヤ取付・交換なら「UPPIT」がおすすめ

 

ECサイトやヤフオクなどで安く購入できた輸入車のタイヤ。取り付け方がわからない!時間がない!工具がない!そんなときは、アップガレージが運営する持込取付交換サービス「UPPIT」にお任せください!

①ネット/他店購入対応

ネットで購入したタイヤはもちろん、他店で購入したアイテムや譲り受けたカーパーツも喜んで対応させていただきます!他店で取付を断られたものもお気軽にご利用ください。

②安心の予約制

Webサイトから日時を選び、お客様情報やパーツ情報を入力するだけで終了!当日は待ち時間なくすぐに作業にとりかかります。仕事で忙しい方でも効率的に取付・交換ができます。

③直送OK!

ネット購入の場合でも重たいパーツを運ぶ必要はありません。送り先の住所にご希望のアップガレージ店舗を入力し、次にUPPITwebサイトから送り元の住所を入力し予約。当日はお車でご来店いただくだけです。
ぜひ一度お試しください。

まとめ

今回は、輸入車のタイヤ交換についてや国産車との違い、タイヤを選ぶ際のポイントやタイヤ交換の依頼先などについて解説しました。輸入車のタイヤ交換は、国産車と多少違う所があったりするので、今回紹介したようなポイントや依頼先をしっかり抑えておきましょう。輸入車のタイヤを選ぶ上で「承認マーク」は、安心の目印となるので、タイヤ選びに迷う方はそのメーカーの承認マークの付いたタイヤを選ぶと間違いないでしょう。タイヤ交換は、安心してお任せできる場所に依頼しましょう。

タイヤ交換は、「UPPIT」がおすすめです。タイヤ持ち込み交換サービスを行っているので、ネットで購入したタイヤも快く引き受けてくれます。技術も経験も豊富なスタッフがいるので、安心してお任せできます。ぜひ一度、相談してみてくださいね。

最新記事

社外マフラーとは?交換するメリット・デメリットから選び方、おすすめメーカーまで

チューニングカーとは?カスタムカーとの違いから仕様、手順、おすすめタイヤまで

ハイシーズン タイヤ交換工賃のお知らせ

輸入車のタイヤ交換完全ガイド!国産車との違いから選ぶポイント、人気のタイヤまで

マフラー改造・交換のメリット・デメリットとは?法律違反にならないためにできること

インチダウンのメリット・デメリットとは?注意するべきポイントについて解説

アジアンタイヤのスタッドレスはどうなの?性能や主力メーカー、交換タイミングについて

中古タイヤの取り付け、どこでやる?購入から取り付け予約まで一気にできるサービスを紹介

スズキスポーツとはどんなブランド?特徴や性能からおすすめパーツのラインナップまで

モデューロとはどんなブランド?歴史や特徴からおすすめラインナップまで

#おすすめ検索キーワード一覧

\24時間365日受付中/
ネット予約