MENU
タイヤホイールの持込取付なら
アップガレージにお任せください!

今こそ鉄チン(スチールホイール)がかっこいい?鉄チンの定義やメリット・イケてる加工方法を紹介

ホイールの種類はたくさんあります。一番多いアルミやカーボン、チタンにマグネシウム、様々な種類から選ぶことができます。なかでもホイールのデザインは車好きでなくともこだわるところ。各メーカーこだわりつくされたホイールを発売する中、廃れてきた鉄チンが実は今イケてるのではないか??と一部で話題に。今回はスチールホイールの魅力を探ります。

鉄チンとは

鉄チンとはスチールホイールのことを指します。一般の乗用車に装備されている素材です。安価で大量生産に適していながら耐久性があります。しかし残念ながらデザイン性には優れていません。ドレスアップにほかのホイールに交換したり、プラスチック製のホイールキャップを装着する方が多いです。ただ安くてデザイン性には優れていない=カッコ悪い、という方位定式が必ず成り立つわけではありません。

鉄チンはなぜメジャーではなくなったのか

鉄チンの人気が低迷した理由の一つはデザインです。ダサいと言われることも多いでしょう。また、昔鉄チンがメジャーだったころよりもアルミホイールの質が格段に向上していることが挙げられます。アルミホイールが主流になると生産量が増え、価格も安くなりました。デザインも豊富で憧れのアルミホイールという印象はなくなりました。

スチールホイールの特徴

そもそもスチールホイールは製造方法が他の素材のホイールと異なります。デザインが豊富なアルミホイールは鋳造、(チュウゾウ)鍛造(タンゾウ)、半溶融鍛造(ハンヨウユウタンゾウ)の3つの製造方法があり、基本的には決まった型に流し込んで作ります。
対して、スチールホイールは鉄の板をプレスし形を作っています。そのため複雑なデザインの物は作ることが非常に難しいです。ただ、車種やカスタムの仕方によっては鉄チンだからこそ映えることも。その他にメリットもたくさんあります。

メリット

鉄チンのメリットを紹介します。

価格が安い

原料の鉄が安く手に入るため、ホイールの中では最も安価な素材です。

頑丈

アルミホイールより強度があります。

デメリット

錆び

鉄は錆びやすいです。

重さ

高級なマグネシウム、カーボンに比べると重いです。

他の素材との違い

アルミ

デザインや種類が一番多く、手に取りやすい価格のものから高級品まであります。比較的軽く、燃費が気になる方にもおすすめです。価格と性能のバランスが取れた素材と言えるでしょう。

マグネシウム

マグネシウム合金は製造コストが高いため価格も上がりますが、はスチールの4分の1、アルミ合金の3分の2でありとっても軽い素材です。剛性も高く主にサーキットを走るレーシングカーに履かせることが多いです。

カーボン

最も軽量な素材です。剛性も高く、走行性と燃費の大幅な向上が可能ですが、価格も最も高いです。

鉄チンをカッコよく履きこなす方法

あえてレトロにしたり商用車のようにカスタムすることをドレスダウン、チープアップとも言います。そんなカスタムが合うのがトヨタのサクシードやプロボックス。ホイールの値段にカッコよさは関係ないのかもしれません。そこで鉄チンをカッコよく履きこなす方法を紹介します。

センターキャップ

センターキャップはホイールの中心部分に装着されるパーツです。安価に買えるものも多いのでアルミホイールでも人気のカスタムです。

塗装

鉄チンの独特な素材感も良いですが、塗装するとガラッと印象を変えることができます。特にホワイトやブロンズにすると個性が光りますね。ボディを含めトータルコーディネートすると魅力的な車になります。塗装は業者に頼むと30000円~60000円、自分で材料を買うと4000円~10000円で可能です。

トリムリング

トリムリングとはホイールにはめ込むだけの手軽なカスタムパーツです。黒のホイールにシルバー色が入るとリムの存在感がでてかっこいいです。

リムガード

リムガードはホイールが傷つかないようにサイドウォールに装着する物です。ゴムやシリコン、メッキでできています。タイヤとの境目が目立たないように黒のリムガードを選ぶ方もいますが、ドレスアップのために赤、青、ゴールド、ピンクまで様々な色が販売されており、個性を出すことができます。

加工

鉄チンホイールを加工することで、深リムを実現することができます。
深リムの魅力についてはこちらの記事をご覧ください
これぞカスタム!深リムの世界をご紹介

逆履き

表と裏を逆にして装着することを逆履きといいます。ただ、周囲のパーツに干渉したり、特殊な加工や工程が必要になるので、初心者にはおすすめできません。マイナスオフセットのホイールが高価なために逆履きという方法がとられているようです。

ホイールの取り付け・交換なら「UPPIT」

タイヤ・ホイールの交換ならアップガレージが運営する持込取付交換サービス「UPPIT」お気軽にご利用ください!
①ネット/他店購入対応
ネットで購入したパーツはもちろん、他店で購入したパーツや譲り受けたパーツも喜んで対応させていただきます!夏の間保管しておいたスタッドレスタイヤ、ドライブレコーダーやETC等の取付などもお待ちしております。

②安心の予約制
Webサイトから日時を選び、お客様情報やパーツ情報を入力するだけで終了!当日は待ち時間なくすぐに作業にとりかかります。

③直送OK!
ネット購入の場合でも重たいパーツを運ぶ必要はありません。送り先の住所にご希望のアップガレージ店舗を入力し、次にUPPITwebサイトから送り元の住所を入力し予約。当日はお車でご来店いただくだけです。
ぜひ一度お試しください。

まとめ

多種多様なホイールが手に入る今だからこそ!鉄チンを紹介しました。ダサいイメージだった鉄チンもおしゃれなカスタムができるパーツの一つです。ボディ形状や色、雰囲気にあわせてホイールを選ぶとき、鉄チンも選択肢にいれてみてはいかがでしょうか。

最新記事

社外マフラーとは?交換するメリット・デメリットから選び方、おすすめメーカーまで

チューニングカーとは?カスタムカーとの違いから仕様、手順、おすすめタイヤまで

ハイシーズン タイヤ交換工賃のお知らせ

輸入車のタイヤ交換完全ガイド!国産車との違いから選ぶポイント、人気のタイヤまで

マフラー改造・交換のメリット・デメリットとは?法律違反にならないためにできること

インチダウンのメリット・デメリットとは?注意するべきポイントについて解説

アジアンタイヤのスタッドレスはどうなの?性能や主力メーカー、交換タイミングについて

中古タイヤの取り付け、どこでやる?購入から取り付け予約まで一気にできるサービスを紹介

スズキスポーツとはどんなブランド?特徴や性能からおすすめパーツのラインナップまで

モデューロとはどんなブランド?歴史や特徴からおすすめラインナップまで

#おすすめ検索キーワード一覧

\24時間365日受付中/
ネット予約