MENU
タイヤホイールの持込取付なら
アップガレージにお任せください!

コンパクトカータイヤの特徴とは?性能・主力メーカーや交換タイミングについて

街中を走る車でコンパクトカーを見かける機会は多いでしょう。コンパクトカーは、小回りが効き、燃費が良く、普段使いや街乗りに最適な車といえます。そんなコンパクトカーの性能を最大限に発揮するためには、タイヤにも拘ることが重要です。しかし、タイヤの性能の違いや種類が多くあり、どれを選べば良いのか迷う方も少なくないでしょう。

そこで今回は、コンパクトカーのタイヤの特徴や性能、軽自動車タイヤとの違いなどについて解説します。併せて、おすすめメーカーやコンパクトカー向けのおすすめタイヤを紹介します。自分に合う最適なタイヤを見つけて、お得にタイヤ交換をしましょう。

コンパクトカーのタイヤとは?

コンパクトカーは、重量が軽く、タイヤの径も小さく、街乗りで使用することが多い車で、小回りが利くためキビキビ動き、燃費が良いことや乗り心地が良い、ある程度荷物を載せることができるので人気があります。
そんなコンパクトカーのタイヤは、コンパクトカーの特徴を最大限活かしたタイヤとなっています。各メーカーからコンパクトカー向けのタイヤは販売されていますが、種類が多く特徴や性能もタイヤによって異なります。
では、コンパクトカーのタイヤには、どんな特徴や性能があるか見ていきましょう。

特徴

コンパクトカーのタイヤは、コンパクトカーの性能を活かすことができるような特徴があります。

  • 安価で低燃費
  • 安全性が高い
  • 摩耗に強い

安価で低燃費

コンパクトカーは街乗りメインで普段使いされる方が多く、燃費性能が良いという
特徴があります。そのため、コンパクトカーのタイヤも低燃費性能が高いものが多く、普通車でもタイヤサイズが小型なので比較的安価に手に入れることができます。

安全性が高い

コンパクトカーは、ボディサイズがコンパクトで小回りが効く車なので、普段使いしている時に、降雨時などで急ブレーキや急ハンドル操作になってしまうことがあります。そのため、コンパクトカーのタイヤは、グリップ力や耐久性といった点で安全性が高くなっています。

摩耗に強い

コンパクトカーのタイヤは、車重が軽いことや小回りが効く点、タイヤサイズが小さく回転数が多いことなどから、摩耗や偏摩耗しやすい傾向にあります。そのため、コンパクトカー向けのタイヤは、耐摩耗性能が高くなっているものもあります。

このように、コンパクトカーの特徴を活かしたタイヤとなっています。

性能

コンパクトカーのタイヤは、タイヤの種類によって変わりますが、耐摩耗性やウェット性能、燃費性能や快適性能が高い傾向にあります。コンパクトカーが、普段使いや仕事の移動車などで使用されることが多く、このような性能を求められるためです。昨今では、低燃費性能を求める方が多く、各メーカーで燃費性能が高いタイヤが製造されています。また、街乗りメインになると、ハンドル操作が多くなったり、ストップアンドゴーが増えるため耐摩耗性能の高さも求められます。他にも、乗り心地にも配慮されており、快適性能やウェットグリップ性能が高くなっている安全性の高いタイヤもあります。

コンパクトカーの性能を最大限に活かし、+αできるようなタイヤがコンパクトカーのタイヤです。

コンパクトカーのタイヤと軽自動車のタイヤはどう違う?

コンパクトカーと軽自動車のタイヤでは、大きさ、幅、寿命などに違いがあります。
まず、タイヤのサイズに違いがあります。コンパクトカーの標準タイヤサイズは13~16インチで、軽自動車は12~15インチです。インチ数が大きくなると、タイヤの直径が大きくなります。また、幅も大きくなったり小さくなったりします。

コンパクトカーは、小回りに良さを活かして街乗りをする方が多いため、曲がったり回ったりすることが多いと、タイヤに外側や内側だけが減っていく偏摩耗が起こりやすくなります。軽自動車も小型で小回りが利きますが、車重やタイヤサイズなどの関係から、コンパクトカーより偏摩耗がしにくいといえます。

また、コンパクトカーのタイヤの方が、耐摩耗性や静粛性、ウェットグリップ性能などの性能は、軽自動車のタイヤよりも高くなっています。他には、軽自動車のタイヤよりコンパクトカーのタイヤの方がサイズが大きいので、タイヤの価格も高くなります。
このように、コンパクトカーのタイヤと軽自動車のタイヤは、違う点が多くあるのです。

コンパクトカーのタイヤ交換のタイミングは?

コンパクトカーのタイヤ交換のタイミングは、いつが最適なのでしょうか。
ここでは、タイヤ交換のベストタイミングについて解説します。

残り溝が少なくなったとき

「自動車のタイヤの溝は1.6mm以上なければならない」、と法律で決められています。まず、1.6mm未満のタイヤは車検に通りません。もし1.6mmを下回った状態で公道を走行すると、罰則の対称となるので注意しましょう。残り溝1.6mmのチェックは、スリップサインで判断できます。スリップサインは、タイヤサイドウォールにある「△マーク」の延長線上のトレッド溝にある、「凸」とした印のことです。
タイヤメーカーによると、タイヤの溝が4mmを下回ると性能が低下するというデータがあります。安全のためにも、タイヤの溝からスリップサインが見え始めたら交換を検討しましょう。

タイヤに大きなひび割れが起こったとき

タイヤに大きなひび割れが起こったときは、早めの交換が必要です。ひび割れが起こった箇所は弱くなり、段差を乗り越えた衝撃や走行中にパンクやバーストといったトラブルに繋がる可能性があります。ひび割れが発生したときは日常的に点検し、大きなひび割れが発生したら、早急にタイヤ交換をしましょう。

製造から5年経過したとき

タイヤはゴムでできているので、車を使用していなくても時間とともに劣化していきます。また、紫外線や雨・風などの影響で徐々に劣化が早まっていきます。製造から5年経過したタイヤは、ゴムの材質が硬くなり、弾力性が失われてしまいます。弾力性が無くなったタイヤは、衝撃吸収能力が低下し乗り心地が悪くなったり、グリップ性能などが低下します。快適性や安全性を確保するためにも、製造から5年経過したタイヤは交換を検討しましょう。

こちらでも詳しく解説しているので、参考にしてください。
タイヤの交換時期はいつ?見るべきポイント3選!

コンパクトカーのタイヤのおすすめメーカー

コンパクトカーのタイヤは数多く販売されているので、どれを選べば良いか迷いますよね。
ここでは、おすすめのタイヤメーカーとタイヤについて解説します。
性能や特徴が異なるので、自分に合ったタイヤを見つける参考にしてください。

ブリヂストン

ブリヂストンタイヤでのおすすめのコンパクトカーのタイヤは、「ECOPIA NH200 C」です。径・コンパクトカー専用のタイヤで、新車装着タイヤの性能と同等レベルまたはそれ以上のタイヤです。エコテクノロジー構造の採用により、タイヤが転がるときに発生するエネルギーロスを低減し、ウェット性能やライフ性能と両立したハイレベルな低燃費性能を実現しています。ブリヂストン独自技術の「アルティメットアイ」により、接地圧を均等にすることで、高い耐偏摩耗性を実現。雨の日でも安心感が長続きします。また、ブロック剛性を最適化することで、ライフ性能が大幅に向上しています。

スタッドレスタイヤのおすすめは、「BLIZZAK VRX3」です。ブリザック史上最高性能の氷上性能120%に到達した、冬の道でも安心して走行できるタイヤです。スタッドレスタイヤの性能で重要な「止まる・曲がる」の性能が高く、従来モデルの性能を大幅に向上しています。タイヤゴムにロングスティブルポリマーを配合しており、経年によるグリップ性能の低下を抑制、耐摩耗性の向上などライフ性能も向上しています。長く安心が続くタイヤとなっています。

ヨコハマタイヤ

ヨコハマタイヤでのおすすめのコンパクトカーのタイヤは、「BluEarth-GT AE51」です。雨に濡れた路面でもしっかり走れ、しっかり止まれる安全性に優れたタイヤです。ヨコハマ独自の技術により、水膜除去性能を大幅に向上させており、ウェットグリップ性能が最高レベルの「a」を獲得しています。新開発の高剛性・左右非対称パターンの採用で、高い操縦安定性や快適な乗り心地を実現しています。

スタッドレスタイヤのおすすめは、「iceGUARD7」です。スタッドレスタイヤに求められる「氷に効く・永く効く・雪に効く」の三拍子揃ったタイヤです。アイスガード史上最大の接地面積とブロック剛性により氷上グリップ力が大幅に向上しています。また、エッジの量も最大化することで、雪上性能も大幅に向上しています。新素材を採用したウルトラ吸水ゴムにより、タイヤの柔軟性を永く保てるので、性能が長続きするタイヤとなっています。

トーヨータイヤ

トーヨータイヤのおすすめのコンパクトカーのタイヤは、「NANOENERGY3 PLUS」です。従来モデルからウエットグリップ性能を「c」から「b」に向上し、濡れた路面での制動距離が13%短縮、その差が安心へと繋がります。また、タイヤパターンの変更により、転がり抵抗の低減と耐摩耗性の向上の両立を実現しており、低燃費化とライフ性能が向上しています。安全性能が長続きし、雨の日などの運転で安心感が欲しい方におすすめです。

スタッドレスタイヤのおすすめは、「OBSERVE GIZ2」です。冬の路面にしなやかに密着し、より高度なアイス性能と性能の持続性を実現しています。独自設計の非対称パターンにより、氷上や雪上での操縦安定性やトラクション性能、制動性能などを向上させています。また、新コンパウンドの採用により、アイス性能の低下を抑制するため、タイヤを長く使用することができます。

ダンロップ

ダンロップでのおすすめのコンパクトカーのタイヤは、「ENASAVE EC204」です。転がり抵抗性能「AA」を獲得しているため、高い低燃費性能を有しているタイヤです。従来モデルから耐摩耗性能と耐偏摩耗性能の両方を高めることで、トータルライフ性能を向上させています。安全性能が長続きし、タイヤの寿命も長持ちします。偏摩耗を気にする方や長く使えるエコタイヤを求める方におすすめです。

スタッドレスタイヤのおすすめは、「WINTER MAXX03」です。「ナノ凹凸ゴム」により、路面との瞬間密着を実現し、氷上ブレーキ性能やコーナリング性能が向上しています。また、タイヤが摩耗しても新たな凹凸が発生するため、性能が長持ちします。氷上性能の高さと効きが長持ちするタイヤをお探しの方におすすめです。

ファルケン

ファルケンタイヤのおすすめのコンパクトカーのタイヤは、「AZENIS FK520」です。高いグリップ力とウェット性能のバランスを追い求めたフラッグシップモデルです。度生地の非対称パターンを新開発し、操縦安定性や高速走行時での高いウェット性能を実現しています。全サイズウェットグリップ性能「a」を獲得しおり、雨の日でも安心して走行できます。
また、新コンパウンドを使用することで、ドライ・ウェット路面でのパフォーマンスを損なうことなくライフ性能を向上させています。

ミシュラン

ミシュランでのおすすめのコンパクトカーのタイヤは、「ENERGY SAVER4」です。雨の日の安心感と快適性を両立した低燃費タイヤです。新配合のコンパウンドにより、ウェット路面での高いグリップ性能と低燃費泥濃の両立を実現。パターンの最適化により、パターンノイズを・ロードノイズを低減し静粛性がアップしています。安全性と経済性を高次元でバランスしており、街乗りメインの方におすすめです。

スタッドレスタイヤのおすすめは、「X-ICE SNOW」です。氷も雪も全ての冬道で安心感を発揮するタイヤです。新コンパウンドにより、従来モデルよりアイスグリップ性能が向上し、性能が最後まで長続きするようになっています。また、トレッドパターンの最適化により、安定したグリップ力を発揮します。

ピレリ

ピレリでのおすすめのコンパクトカーのタイヤは、「Cinturato P1」です。ドライ・ウェット路面でも快適なドライビングをすることができるコンパクトカー向けのタイヤです。市街地走行時の転がり抵抗を削減しており、街乗りメインでも燃費を気にされる方におすすめです。ハイブリット素材とトレッドパターンの組み合わせにより、高い安全性と高い静粛性を発揮します。

スタッドレスタイヤのおすすめは、「ICE ZERO ASIMMETRICO」です。氷上での優れたパフォーマンスとあらゆる冬の条件下での高い快適性を実現しています。このタイヤは、日本の厳しい冬のニーズに対応するように特別に開発されたタイヤです。最新の技術開発により、グリップ力やブレーキ性能が向上し、高い安全性と快適性を発揮します。

コンパクトカーのタイヤ取付・交換なら「UPPIT」がおすすめ

 

ECサイトやヤフオクなどで安く購入できたタイヤ。取り付け方がわからない!時間がない!工具がない!そんなときは、アップガレージが運営する持込取付交換サービス「UPPIT」にお任せください!

①ネット/他店購入対応

ネットで購入したタイヤはもちろん、他店で購入したタイヤや譲り受けたタイヤも喜んで対応させていただきます!その他、夏の間保管しておいたスタッドレスタイヤ、ドライブレコーダーやETC等の取付なども対応しておりますので、お気軽にご利用ください。

②安心の予約制

Webサイトから日時を選び、お客様情報やパーツ情報を入力するだけで終了!当日は待ち時間なくすぐに作業にとりかかります。仕事で忙しい方でも効率的に取付・交換ができます。

③直送OK!

ネット購入の場合でも重たいパーツを運ぶ必要はありません。送り先の住所にご希望のアップガレージ店舗を入力し、次にUPPITwebサイトから送り元の住所を入力し予約。当日はお車でご来店いただくだけです。
ぜひ一度お試しください。

まとめ

今回は、コンパクトカーの特徴や性能、軽自動車タイヤとの違いや交換タイミングなどについて解説しました。コンパクトカーは、取り回しの良さや燃費の良さ、荷物もほどよく載せることができることなどから人気があります。コンパクトカー向けのタイヤも種類が多く、どれを選べば良いか迷う方も多いでしょう。メーカーやタイヤによって、ウェットグリップ性能や静粛性、燃費性能などそれぞれ性能が異なります。
今回紹介したメーカーやおすすめタイヤを参考に選んでみてください。愛車を快適に走行させるためにも、自分の乗り方や求める性能に合ったタイヤを選びましょう。最適なタイヤを装着し、安心安全なカーライフを送りましょう。

最新記事

インチダウンのメリット・デメリットとは?注意するべきポイントについて解説

アジアンタイヤのスタッドレスはどうなの?性能や主力メーカー、交換タイミングについて

中古タイヤの取り付け、どこでやる?購入から取り付け予約まで一気にできるサービスを紹介

スズキスポーツとはどんなブランド?特徴や性能からおすすめパーツのラインナップまで

モデューロとはどんなブランド?歴史や特徴からおすすめラインナップまで

オーテックジャパンとはどんなブランド?歴史や特徴からおすすめラインナップまで

ヴァリノタイヤとは?特徴や性能・おすすめタイヤラインナップについて

楽天でタイヤ交換はできる?その方法やメリット・デメリットを解説

セミバケットシートとは?特徴や規格・おすすめメーカーについて

ハイシーズン タイヤ交換工賃のお知らせ

#おすすめ検索キーワード一覧

\24時間365日受付中/
ネット予約