MENU
タイヤホイールの持込取付なら
アップガレージにお任せください!

スズキスポーツとはどんなブランド?特徴や性能からおすすめパーツのラインナップまで

スズキスポーツとは?

スズキスポーツとは、スズキの実質的なワークスチームで、1986年に設立されたレーシングコンストラクターです。設立当初は、スズキ本社と資本提携は結ばれておらず、全日本ダートラで1991年~1996年までの7年連続、通算9度のチャンピオンに輝いた「モンスター田嶋」こと田嶋伸博さんが自己資金で立ち上げた株式会社でした

2010年にスズキ本社はスズキスポーツの株式を売却し、2011年に株式会社アイアールディーに社名変更。さらに2015年には、株式会社タジマコーポレーションに吸収合併されました。タジマコーポレーションの前身は、1978年創業のモンスターインターナショナルで、代表取締役会長兼社長/CEOは田嶋伸博さんが勤めています。

現在の業務は、競技用自動車の企画・設計・製造及び開発業務全般、電気自動車の企画・設計・製造および開発業務全般ならび販売、各種自動車の設計・製造技術および販売に関するコンサルティング業務など多岐にわたります。モータースポーツ用の車両とパーツ開発・販売は、モンスタースポーツのブランドで継続されています。

スズキスポーツのコンプリートカー

スズキスポーツのコンプリートカーは、現在モンスタースポーツから販売されています。
では、スズキスポーツのコンプリートカーはどのような車種があるのか見ていきましょう。

MX SPORT スイフトスポーツ

走る・曲がる・止まるを高次元でバランスさせた、よりスポーティなハンドリングと上質な乗り味に仕立て上げた、特別なスイフトスポーツです。モータースポーツや風洞実験からフィードバックされた、性能とデザインを兼ね備えています。空力効果、エア導入や冷却などを考慮したベンチレーションがエンジン性能をより安定的に引き出し、車の持つ性能を発揮することができます。

サスペンションは、車高・乗り心地・ハンドリングの質感を高くまとめた、高品位のローダウンスプリングとなっています。マフラーやホイールも専用設計されており、高品質で高性能なパーツが標準装備されています。他にも、インテリアは、ブラック×レッド基調でまとめられており、スポーティなデザインとなっています。

MX TOUGH ジムニー

ワイルドなスタイリングと質感高くまとめた機能を兼ね備える特別なジムニーとなっています。モータースポーツからフィードバックされた、性能とデザインを兼ね備えた造形をしており、機能美を放つエクステリアパーツが新たなライフスタイルへと誘います。バンパーのぞ剤は柔軟性のあるウレタン樹脂を採用し、量産車から形状を変化させることで、タイヤの露出が増え、岩場や起伏の大きい場所も走破しやすくなっています。

フロントフェイスは、ワイルドかつスポーティな印象を与え、エアダクトやグリルの大径化により冷却効果を高めています。オフロードタイヤ装着時にいてもキックバックやジャダーを抑え、上質な捨てアフィールとフラット感のある走りをもたらすよう減衰力を高めたステアリングダンパーを標準装備。サスペンションやマフラー、エアフィルターなども専用のもので、エンジン性能や排気性能などの性能を高めてくれています。

Limited ソリオバンディット

厳選されたパーツ&アイテムにより精悍に仕立て上げた特別なソリオバンディットです。車体下方へ流れる空気を抑え、左右へ流れるコントロールするアンダースポイラーやメッキ部分をブラックアウトし見た目を引き締めるガーニッシュなど、量産車と区別化されています。

また、スポーツテイストを高めるために、サイドにはストライプグラフィックうぃ装備し、エンジンフードには、「SportsMind」の文字をあしらっています。フロントおよびリアにパフォーマンスダンパーを装備し、変形や振動を効率的に吸収し、高次元かつ質感の高い走りを実現しています。日常走行や街乗り、高速走行において、優れた運動性能と安定性、快適性を発揮します。

スズキスポーツが取り扱うアイテムのラインナップ

スズキスポーツは、コンプリートカーだけでなくチューニングパーツや競技用品、内外装パーツなどを開発・販売を行っています。

ここでは、スズキスポーツが扱うアイテムのラインナップを一部紹介します。

エクステリアパーツ

エクステリアパーツは、ジムニー用・スイフト用・アルトワークス他用・ワゴンR用・ハスラー用など車種専用となっています。フロントバンパーやリアバンパー、エンジンフードやスポイラー、GTウィングやエアダクトなどさまざまなアイテムがラアインアップされています。エクステリアパーツを取り入れえることで、スポーティーかつダイナミックな印象になり、車の性能を引き出すことができます。

インテリアパーツ

インテリアパーツも基本的に車種専用設計となっています。シフトノブやフロアマット、ペダルキットやメーターフード、ルームミラーカウルなどがラインナップされています。インテリアパーツは、レッド×ブラックが基調となっており、スポーティなインテリアへと変貌します。

サスペンション

サスペンションは、ノーマル形状サスペンションやスポーツサスペンション、車高調整形状サスペンションやハイトアップサスペンション、マウント類やブッシュ・アライメント調整パーツといったラインナップがあります。乗り心地重視の人はノーマル形状、車高を変えたい人は車高調整形状やハイトアップなど自分の好みに合わせて交換することができます。ただし、ハイトアップサスペンションは、ジムニー/ジムニーシエラ、ハスラー専用となっている点に注意が必要です。

マフラー

マフラーも車種によって取り付け可能な種類が分かれています。マフラーの排気口が大径化し、迫力が増し存在感が出るタイプや音質の変化+排気効率の向上によりエンジン性能のアップへ繋がるマフラーなどさまざまなマフラーがラインナップされています。マフラー本体やフロントパイプのみ、エキゾーストマニホールドなどエキゾースト関連のパーツのラインナップは豊富です。

ヘリテージパーツ

ヘリテージパーツは、より速く・より遠く・いつまでも走りとカスタムを求めるユーザー向けに製造されている、モンスタースポーツのカスタムパーツ、スポーツパーツのことです。エンジン内部のオーバーサイズピストンや専用エキゾーストマニホールド、ターボアウトレットなどエンジン性能を向上させるパーツが揃っています。

ただし、限定生産や限定受注生産なので受付が終わっていたり、納期に時間がかかる可能性があります。

スズキ スポーツのカー用品の取付・交換なら「UPPIT」がおすすめ

 

ECサイトやヤフオクなどで安く購入できたスズキ スポーツのカー用品。取り付け方がわからない!時間がない!工具がない!そんなときは、アップガレージが運営する持込取付交換サービス「UPPIT」にお任せください!

①ネット/他店購入対応

ネットで購入したスズキスポーツのカー用品はもちろん、他店で購入したアイテムや譲り受けたカーパーツも喜んで対応させていただきます!他店で取付を断られたものもお気軽にご利用ください。

②安心の予約制

Webサイトから日時を選び、お客様情報やパーツ情報を入力するだけで終了!当日は待ち時間なくすぐに作業にとりかかります。仕事で忙しい方でも効率的に取付・交換ができます。

③直送OK!

ネット購入の場合でも重たいパーツを運ぶ必要はありません。送り先の住所にご希望のアップガレージ店舗を入力し、次にUPPITwebサイトから送り元の住所を入力し予約。当日はお車でご来店いただくだけです。
ぜひ一度お試しください。

まとめ

今回は、スズキスポーツの概要やコンプリートカー、アイテムのラインナップについて解説しました。スズキスポーツは、現在モンスタースポーツにブランド変更していますが、その性能の高さやスポーティでアグレッシブな見た目から多くのファンを集めています。スズキスポーツの創業者がカーレース界で有名な田嶋氏ということもあり、コンプリートカーやパーツ一つ一つに妥協がなく、車の性能を最大限に引き出すよいう製造されています。

コンプリートカーは完成された車が手に入りますが、車種が少ないです。その点、パーツは対応している車種が多く、自分の欲しいパーツのみを取付できるので、好みの車に仕上げることができるのでおすすめです。

最新記事

社外マフラーとは?交換するメリット・デメリットから選び方、おすすめメーカーまで

チューニングカーとは?カスタムカーとの違いから仕様、手順、おすすめタイヤまで

ハイシーズン タイヤ交換工賃のお知らせ

輸入車のタイヤ交換完全ガイド!国産車との違いから選ぶポイント、人気のタイヤまで

マフラー改造・交換のメリット・デメリットとは?法律違反にならないためにできること

インチダウンのメリット・デメリットとは?注意するべきポイントについて解説

アジアンタイヤのスタッドレスはどうなの?性能や主力メーカー、交換タイミングについて

中古タイヤの取り付け、どこでやる?購入から取り付け予約まで一気にできるサービスを紹介

スズキスポーツとはどんなブランド?特徴や性能からおすすめパーツのラインナップまで

モデューロとはどんなブランド?歴史や特徴からおすすめラインナップまで

#おすすめ検索キーワード一覧

\24時間365日受付中/
ネット予約