MENU
タイヤホイールの持込取付なら
アップガレージにお任せください!

タイヤワックスはひび割れの原因⁈メリット・デメリットを解説

タイヤの艶出しに使われるタイヤワックス。発売されている種類も多く、効果や価格によって好きなものを選ぶことができます。手軽にきれいな見栄えになる一方、デメリットもあります。今回はタイヤワックスの効果やメリットデメリット、最後にはおすすめ商品を紹介します!

タイヤワックスの効果とは

タイヤワックスはタイヤの艶だしのために使用されます。タイヤに艶が出るとキレイで新品のような印象になります。特にボディやホイールが黒の場合はタイヤが汚れていると差がはっきり見えてしまいますので見た目は大切です。しかし、同時にデメリットも生じます。

メリット

タイヤに艶が出て見た目が良くなります。劣化防止や汚れからガードしてくれるタイプのタイヤワックスもあります。

デメリット

タイヤワックスを長期的に使用しているとひび割れが生じることがあります。原因はワックスとなる成分を溶かしこむために使われている石油系溶剤がタイヤを徐々に溶かしてしまうためです。これを「タイヤワックスの悲劇」なんて言ったりもします。ひび割れがひどくなったらタイヤの交換を余儀なくされてしまいます。

注意事項

タイヤワックスの悲劇を起こさないためにも成分に注意しましょう。次はその成分について解説します。

タイヤワックスの種類

タイヤワックスは様々な種類があります。自分に合ったものを見つけるためにも、その特徴を紹介します。

成分

一つ目は成分による違いです。成分は見た目の違いだけでなく、艶の持ち、さらにはタイヤへの影響にも差が出ます。

水性

特徴は
・自然な艶が出る
・艶はあまり持たない
・タイヤに優しい
水性のタイヤワックスはタイヤを劣化させにくいため、プロからの人気は高いです。

油性

特徴は
・光沢のある艶が出る
・艶が長持ちする
・比較的安価
・ひび割れの原因になるものがある
タイヤのひび割れの原因になる石油系溶剤を含まない有効成分100%のタイヤワックスが理想ですが、高価な傾向にあります。

水性か油性かどうかは商品の裏に記述があります。確認してから買うようにしましょう。
こんなご意見も▼

形状

タイヤワックスの形状は塗り方に違いが出ます。

スプレータイプ

スプレー缶になっているものは手を汚すことなく吹きかけることができます。初心者はこちらがおすすめ。

塗りこみタイプ

スポンジ等に染み込ませ塗布します。しっかり塗ることができますが、液だれに注意してください。

おすすめのタイヤワックスとスポンジ

おすすめ商品を紹介します。価格は参考値です。

カーメイト C-34 ブライトマジック チョウツヤタイヤワックス

ツヤ重視のタイヤワックス。光沢度は泡タイプの約2倍。雨にも強い油性タイプ。ミストタイプだからホイールに液ダレしない。UVカット80%。NET480ml
参考価格:500円~

SPASHAN Dr.ケアコレ TireWax タイヤワックス

これ1本で1か月の耐久の実力を発揮
別売のパワーBOBを使用して塗り込むことをオススメします。
高分子シリコン99.9%
雨に強くタイヤを痛める成分ゼロ。
タイヤの油分抜けを防ぎ、老化防止しつつ、高耐久の艶を実現。
参考価格:2,000円~

シーシーアイ(CCI) W-143 スマートシャイン タイヤワックス 

自然な艶が出る水性タイプ 超耐久 タイヤ200本分 1000ml スポンジ付
容量1000ml(普通車約50台分)
タイヤメーカーにも採用された水性タイプのタイヤワックス。形成された被膜は耐久性を有し、空気中のオゾンによるタイヤのひび割れを防止する効果がある。
タイヤに悪影響を与えることがない、安心設計のタイヤワックス。
高粘度のシリコーンにより、深みのある美しいツヤが長持ちする超耐久タイプ。
参考価格:1,870円~

ワコー CW-08 タイヤワックスヨウスポンジ

タイヤ用ワックス、コーティング剤の塗布用に!アーチ加工でタイヤの下までシッカリ塗れる。疲れにくく手を汚さずワックスがけができる柄付タイプ。取替ヘッドで経済的。
参考価格:770円~

ワコー CW-09 タイヤワックスヨウスポンジトリカエヨウ

参考価格:330円~

タイヤワックスの塗り方

タイヤワックスはサイドウォールに塗ります。トレッド面に塗ってしまうと滑る可能性があり危険です。特にホイール等についてしまった場合はシミの原因になるのですぐにふき取るようにしてください。
またタイヤワックスを塗布した後はしっかりと乾燥させてください。

タイヤワックスはいつ塗る?

タイヤワックスはタイヤに優しいものなら1か月に一回程度、油性のものなら2~3か月に一回程度の使用をおすすめします。頻繁に塗ってしまうと艶は出ますがひび割れを促進させてしまいます。
また、洗車の後に使うことをおすすめします。タイヤはしっかり水洗いし、表面の汚れを落としてから使います。ワックスにより乾燥したタイヤに塗るものと湿っている状態で塗るものがありますので、使い方をしっかり見ましょう。

タイヤワックスの代用品はあるの?

アーマオイル

アーマオイルは中性でプラスチック用品にも使用できます。ボディやホイールに使うことも多いため、タイヤに使用してよいアーマオイルか確認しましょう。

シリコンオイル

シリコンオイルもタイヤワックスとして使われることがあります。
どちらもタイヤワックスとして使えますが、「タイヤワックス」と書かれた商品を買う方が安心です。

タイヤの取り付け・交換なら「UPPIT」

ワイヤのワックスがけをしていて、ひび割れ等タイヤの寿命を感じたら交換時期です。
新品タイヤを欲しいけど、予算的に難しいとき、通販で購入できる型落ち品やヤフオクやメルカリなどで安く中古タイヤを購入できますよ。

そうして安く購入したタイヤの交換ならアップガレージが運営する持込取付交換サービス「UPPIT」をご利用ください!

①ネット/他店購入対応
ネットで購入したパーツはもちろん、他店で購入したパーツや譲り受けたパーツも喜んで対応させていただきます!夏の間保管しておいたスタッドレスタイヤ、ドライブレコーダーやETC等の取付などもお待ちしております。

②安心の予約制
Webサイトから日時を選び、お客様情報やパーツ情報を入力するだけで終了!当日は待ち時間なくすぐに作業にとりかかります。

③直送OK!
ネット購入の場合でも重たいパーツを運ぶ必要はありません。送り先の住所にご希望のアップガレージ店舗を入力し、次にUPPITwebサイトから送り元の住所を入力し予約。当日はお車でご来店いただくだけです。
ぜひ一度お試しください。

まとめ

今回はタイヤワックスについてまとめました。キレイなタイヤは車自体を輝かせてくれます。しかし塗る頻度や成分によってはひび割れの原因になります。お財布と相談しながら、自分にあったタイヤワックスを見つけてください。

最新記事

バイアスタイヤとは?特徴や性能・おすすめメーカーについて

ラジアルタイヤとは?特徴や性能・おすすめメーカーについて

リムの種類とは?素材からホイールサイズ、メンテナンス方法まで解説

引っ張りタイヤとは?メリット・デメリットから適正空気圧まで

チタンマフラーの人気の理由とは?メリット・デメリットからおすすめ商品まで

社外マフラーとは?交換するメリット・デメリットから選び方、おすすめメーカーまで

チューニングカーとは?カスタムカーとの違いから仕様、手順、おすすめタイヤまで

ハイシーズン タイヤ交換工賃のお知らせ

輸入車のタイヤ交換完全ガイド!国産車との違いから選ぶポイント、人気のタイヤまで

マフラー改造・交換のメリット・デメリットとは?法律違反にならないためにできること

#おすすめ検索キーワード一覧

\24時間365日受付中/
ネット予約